BCP普及セミナー


東日本大震災を境に国内でも事業継続計画(BCP)への関心が急速に高まってきています。事業継続計画(BCP)とは災害時に重要業務が中断しないこと、また万一、事業活動が中断した場合でも目標復旧時間内に重要な業務を再開させ業務中断に伴うビジネスリスク(顧客の競合他社への流出、企業評価の低下等)を最低限に抑えるために平時から準備しておく企業活動で、従来の防災計画の域を超えた経営戦略という位置付けになります。

大企業での導入はかなり進んで来ていますが中小企業ではまだまだ遅れている状況です。ですが、一度、災害が発生した途端、倒産というのでは中小企業とは言えあまりに脆弱過ぎます。少しくらいの災害ではびくともしないこと、事業を継続することができ雇用を維持しながら、取引先にも商品、サービスを提供できることが社会的に求められる時代になってきています。費用もかかるので、いきなり完璧なものは無理でも、まずは簡易なものから始め少しずつステップアップしていくことで確実に企業体力がついて、取引先からも信頼される存在となっていきます。また、BCPは文書を作成することが目的ではなく、事業継続できるための社内体制を整えていくことが重要です。その為には継続的な改善が必要となってきます。つまり経営戦略そのものと言えるわけです。

BCP導入をスムースに進めるためには、まず社内の教育からスタートする必要があります。なぜなら、BCPの本質は運用にあり、教育・訓練において実践していくのは社員の皆さんだからです。自社にとってのBCPの重要性をひとりひとりが理解していなければ経営者の考えがなかなか伝わらりません。弊社ではBCPについて理解を促進するためのセミナーを承ります。