スマホ対応のサイトとは?

こんばんは。札幌のITコーディネータの阿部です。

 

最近はホームページもスマホ対応になってきています。

でも、スマホ対応って何なのか正確に理解されていない方が多いように思います。

 

スマホ用のページを別に作って、アクセスする端末によって切り換える方法もありますが、

 

主流なのは何といっても「レスポンシブデザイン」!!!

ページは1つですが、表示する端末により最適な形でレイアウトを変更してくれます。

 

 

例えばスタバの本国のサイト。

 

これがスマホで見ると、以下のような表示になります。

iPadなどのタブレットでみた場合にも画面サイズに合わせてこのような表示になります。

確かに見やすい。

 

 

 

特徴的なのは

 

・横に並んでいた写真を縦方向に並べて表示してくれます。

スマホは基本縦長の画面。

 

・右上の3本の横線のマークをクリックするとメニューが開きます。

これは最近よく見かけますね。

 

・画像の表示サイズは端末に合わせて自動調整してくれます。

いちいち拡大するのは面倒ですね。

 

・そして下にスクロールすると、フッターのメニューが右の画像のように表示されます。確かに使いやすそうですね。

 

では今時はホームページはスマホ対応じゃなきゃいけないのか?

 

この質問に対しては、必須じゃないけれど、その方が見る人にとっては親切ですね。としか答えようがありません。

スマホ対応にしたからと言って売り上げが上がるわけじゃないが、スマホでネットを見る人が多いので対応した方がいいのは間違いない。

 

これから構築するならやはりスマホ対応にするべきでしょう。

でも、一番重要なのはPC版でもスマホ版でも、中身のコンテンツであることは言う間でもなく大原則です。

 

 

ITコーディネータ 阿部 裕樹