会計ソフトfreee(フリー)を使ってみる

こんばんは。札幌のITコーディネータの阿部です。

 

今日はクラウドねたです。

うちの会社ではこれまで会計ソフトは「ネットde会計」という古くからあるクラウドサービス(というよりASPサービスと言ってた時代)を利用してきました。昔のように店で会計ソフトを買ってきてインストールする必要はなく、ネットで会計システムがサービスとして提供されている為、とても便利です。

 

ネットにつながれば会社でも自宅でも入力作業ができます。

また、iPadにも対応していて移動中でも利用することが可能です。

 

ピンとこない方のためにもう少し解説すると、通常、インターネットの利用の際にはブラウザ(Internet Explorer、Chrome等)でホームページを閲覧しますが、その画面でデータを入力したり集計したりすることができるというイメージでしょうか。

 

そして、この手のサービスは他にも優れているものが多々あります。

今年度より、シェア No.1 ということで注目されているクラウド会計ソフト freee(フリー)に乗り換えてみました。

 

 

無料で使えるとうたっていますが、これはあくまでお試しで、法人の場合、年間払いで2万円(個人事業主だと半額)ほどかかります。実際使ってみると、かなり便利で、料金の値はあると感じました。かなり快適に動作します。

そして、サポート体制もかなりしっかりしているようですが、まあ、自分は特に必要ないかな。

 

 

昨今、Fintech(フィンテック)が最新のトレンドのキーワードです。このテーマに関しては機会を改めて投稿しますが、

freee(フリー)はFintech(フィンテック)の「会計・業務支援」のグループの筆頭の存在となっています。

 

これからガシガシ使っていき、便利さがいろいろわかってくると思うので、都度、レポートをアップしますね。

 

 

ITコーディネータ 阿部 裕樹