迫りくる第4次産業革命

こんにちは。札幌のITコーディネータの阿部です。

 

先般、日本商工会議所が政府に対して「中小企業のIoT推進に関する意見」をとりまとめ提言しました。

大きく以下の2本が柱となっています。

 

1.製造業分野の中小企業のIoT・ロボット等の導入・活用支援

2.中小企業・小規模事業者へのIT導入・活用支援

 

皆さんも近頃は、IoT(Internet of Things)というキーワードはやたら目にすることでしょう。

 

日本語にすると「モノのインターネット」。

何のこっちゃという感もありますが。。

 

コンピュータ以外のあらゆる「モノ」をインターネットに接続し相互に通信することで新しい価値を創出していこうというものです。

 

私も最初はいつものIT業界特有の流行りの3文字略語かと思いましたが、どうもそうではないようです。

 

ドイツの「インダストリー4.0」、アメリカの「インダストリアル・インターネット」等、海外ではグローバル企業が連携して世界の未来を設計をしているところです。

 

そして、この第4次産業革命の流れに遅れをとってはいけないということで、我が国でも経産省が中心となり「日本再興戦略」と絡めてただいま戦略を練っている真っ最中です。

日本も独自路線でガラパゴス化することなく、この世界潮流に乗り遅れず上手く立ち回って欲しいものです。

 

そして、こういったテーマが中小企業まで降りてきていることは多少、無理があるとしても評価したいと思います。

長くなりましたので、次回に続きます。

 

 

ITコーディネータ 阿部 裕樹