IT専門家10,000社支援構想?

こんにちは。札幌のITコーディネータの阿部です。

 

昨日、第4次産業革命の世界的潮流に関連して、日本商工会議所の「中小企業のIoT推進に関する意見」について書きましたが、2つめのポイントに「中小企業・小規模事業者へのIT導入・活用支援」がありました。

 

その柱のひとつに「中小企業・小規模事業者に対するIT専門家の派遣等」というのがあり、ITコーディネータ等の専門家の活用が謳われています。安倍総理が今後2年間で10,000社支援するという方針を示しているとのことでした。

 

どのようなスキームで展開されるのかわかりませんが、ITコーディネータの数が足りるのだろうか???

また、ITコーディネータ等の「等」の割合も非常に気になるところです。

 

個人的にはIoTの前に、まだまだ、やらなければいけないことが山積していると考えています。

 

 

IT経営の原則は「身の丈に合った」ITの利活用。少しずつ成熟度を上げていきます。私が日頃からミッションとして掲げている、中小企業の「ITリテラシーの底上げ」が実現できる機会になるかもしれません。

 

我々の支援でそのスピードが加速度的に向上し、一気に世界で勝負できるIoT社会を築くことができれば、国際的な競争力も格段に上がっていくことでしょう。

 

昔と違って、日本以外にも「ものづくり」の優れた国は増えてきています。

日本は強みである「品質」を武器に、今後どのように展開していくのか楽しみです。

 

 

ITコーディネータ 阿部 裕樹