はじめようWeb制作(初級編)第1回

■本講座について

本講座は小規模事業者がJimdoを使って無料でホームページを開設する方法について小刻みに解説していきます。

単に使い方の説明だけでなく市販の本には書かれていない、制作上のポイントやホームページに必要な本質的な要素についても触れていきたいと思います。20回( 1日20分づつ、1ヶ月で)でとりあえず、業者としてのホームページが完成する予定です。最初の10回は初級編では、初めていきましょう!

 

 

まずはJimdo(ジンドゥーと読みます)について。

Jimdoとはブログ感覚でホームページを作成できるクラウドサービスです。

なんと、メイド in ドイツ!

世界中で使われており日本ではKDDIウェブコミュニケーションズが提携しています。

 

クラウドが何かを説明すると話がそれてしまうので、まあ、ログインするだけで即編集できる便利なツールととらえて下さい。ちなみに私の会社のホームページ(http://brainsone.com)もこれを使っています。下記のようなFacebookeページ、Youtubeの掲載等も簡単にできます。

JimdoのFacebookページ

Jimdoの利点は以下の3点。私が長年、ホームページの相談を受けるなかで感じていた事業者の悩みが全て解決できる素晴らしいサービスです。

 

【メリット1】ホームページを低価格若しくは無料で開設することができる。

 

【メリット2】あらかじめデザインレイアウトが用意されているため、素人が作っても、それなりのクオリティになる。また、スマホ対応のレスポンシブデザインになっている。

 

【メリット3】更新したい時、自分自身でできるためタイミングを逃さない。

 

Jimdoの事例

独自ドメインを取らないなら、ホームページを無料(Jimdo Freeプラン)で開設することができます。具体的には、ホームページのアドレスがhttp:xxxx.jimdo.comのようになります。

また、最下部に少々、JimdoとKDDIの広告的ロゴが掲載されます。

 

しかし、こんなことは気にしない^^)

 

個人事業(特に創業者)の場合、あまりコストはかけられません。

Jimdoで作成したことがわかっても良いじゃないですか?

まずはホームページがあること、これが重要です。

 

そして事業が軌道に乗ってきたら独自ドメインを取得してJimdo Proにグレードアップすれば良いのです。コンテンツはそのまま引き継がれるのでご安心下さい。

 

無料版なら、失敗してもお金はかかりません。まずは、とにかくはじめてみましょう!

次回は、登録方法から解説していきます。

 

Jimdo導入支援のご相談は以下まで

メモ: * は入力必須項目です