はじめようWeb制作(初級編)第9回

いよいよ初級編も終盤を迎えてまいりました。何となく自力で作れそうな気がしてきたでしょうか。

今回はリンクの設置方法について解説します。

 

■画像にリンクを設置

ホームページでは、文字や画像にリンクが貼ってあり、それをクリックすることによりページ間を移動する。これがインターネット、Webというものです。

特にトップページでは、関心を持ってもらうようにお知らせし、詳しくは他のページで見てもらう。これが定石と言っていいでしょう。

 

それでは、まずは画像から。設置してある画像からYoutubeへリンクを張ってみましょう。

設置済みの画像を選択し、以下のように下部アイコンで鎖のマークを選択してください。

 

今回は外部のサイトYoutubeへのリンクのため、「外部リンクかメールアドレス」のタブを選択してください。そして、Youtubeの対象動画のアドレスを設定します。

 

最後に「リンクを設定」ボタンをクリック後、「保存」。これだけです。

当然のことながら、リンクがちゃんと貼られているか、確認したいですね。でも、画像をクリックしても上記画面が開くだけです。ここで、活躍するのがプレビューモード(プレビューモードがわからない方は第3回目の基本操作をご確認ください。)

 

プレビューにすると、クリックして別画面でYoutubeが開きます。

外部サイトの場合、別画面で開く。これはホームページに基本中の基本です。既存のサイトでもリンクをクリックするとそのまま遷移して2度と戻ってこれないというケースは多々見受けられるので、自社サイトは再度、確認してください。プレビューモードがわからない方は第3回目の基本操作をご確認ください。

 

■文字にリンクを設置

続いて、文字列にリンクを貼る方法です。基本的な操作は画像と同じです。それでは「「ちょこゼミ」(ちょこっとゼミナールの略称)」の部分にリンクを貼り、今度は動画が掲載されている「会社概要」のページへ遷移します。該当の文字列を選択して、鎖のアイコンを選択してください。

 

今度は内部のサイトなので、リスト(既に存在しているページの一覧)の中から「会社概要」を選択します。続いて「リンクを設定」ボタンをクリック後、「保存」。

 

確認は同じくプレビューモードで行って下さい。今度は内部のページなので、そのまま切り替わるはずです。Jimdoではこのような定石がデフォルトになっているため、知識のない方でも安心して使えます。

 

次回は初級編最終回です。

 

メモ: * は入力必須項目です